Windows10HE導入リターンズ

※ここでの話はあくまでも自分の場合、実行するのは自己責任で御願い致します。

前回は32bit版であれこれあって、64bit版の導入という部分で終了してましたが。

結論的には64bit版を導入しても色々…ありましたが、一応「落ち着いた」というところ。

最近のWindowsは「汎用ドライバーで何とかなる」というイメージがありましたが、結局メーカー独自の「壁」というものがありますね。

最初に問題となったのは、電源管理。CF-R8を含め、Let'sNoteには「Ecoモードアプリケーション」というものが入っていて、「バッテリ劣化を抑える為に、80%充電」というモード選択が可能。良い事かもしれないけど、素のWindows10直後では常時選択状態(EcoモードのLEDが常時点灯、システムでも80%以上の充電不可)に。

Windows10の電源管理やら試しましたが、解除不可でした。

解決はしてます。Panasonicのホームページから「WindowsXP版のアプリケーションをDLして導入」という荒技で。

次に問題となったのは、描画の崩れ。起動直後は正常なのに、作業を進めるとWebページやアプリケーションのアイコンが一部崩壊。

この問題はやや解決。Intelのホームページから「該当すると思われる」チップセットのドライバをDLして導入(それでも最終更新は2012年のものだったり)。まだ予断は許しませんが、描画崩壊は少なくなりました。

それ以外は「以外と快適かな?」。疑問符が付くのは、CF-R8自体が古い端末(WindowsVista、7ぐらいまでのOS搭載しか想定されていないスペックだし)なので、あくまでも「延命措置」を施しただけなので。主観的な見方しか出来ないなぁ。

従って、カスタマイズを少しづつ施していますが、スペック相応に。グラフィカルなGUIやタイルアプリランチャーは排除。完成イメージはWindows7HE的な外観。

ただ、欲しいソフトが。

仕事用端末としてセットアップしているので、Officeアプリが欲しい。MSの純正Officeが欲しいけど、予算的には「互換Office」かなぁ、と。

そう考えると、IME関係も一新しておきたいので「一太郎スーパープレミアム(Officeという名称は無くなっているんだねぇ)」を狙っていたり。でも、下手をすれば純正Officeとか買える値段じゃないか(悶々)